③ 玄関周りの収納 :今回は扉を開けます

先回、書き出した内容をもとに、『分類の方法』をなんとなくイメージします。

  • 使う頻度で分ける
  • 用途で分ける
  • 人ごとに分ける
  • 重要度でわける
  • 季節で分ける
  • 重さ・大きさで分ける
  • 好みで分ける

分類のルールはご家族にもわかりやすいように、大きく場所を決め本人のルールに任せることもOKです。

◎玄関に行きます。

冷静に棚を見てください。一気に全部取り出すと収拾がつかなくなります。

1.土間と収納の扉の開き方を見て、一番取り出しやすい高さと位置をみつけます。 

  それが、縦のこともあれば、横一列のこともあります。

  引き戸なら両端からです。開きの扉なら中央になります。

  シューズクロークのオープン棚なら 靴を履く近くが優先です。

  まず、使いやすい位置を選び、そこに有る物を取り出してください。

  全開の状態で全部出し、端から入れてしまうと、出しにくくなります。

  先回、書いたリストの中で よく使うものから入れていきます。

   人ごとにわけるのなら、その人の良く使うものからです。

   又、作業の途中でも、分類方法は意識してください。

2.頻度の高いものをまず入れたら、あとはそのまわりから取り出します。

  取り出した物をリストと合わせ区分します。

  ここでも取り出しやすさで優先する物を決め入れていきます。

 

3.収納しきれなかったものは、優先度は少ないので重ねる、まとめるで、収納します。

日常のものは重ねないように・・・出しにくい、仕舞うのに手間のかかる入れ方は、

使用頻度が高いほど 元に戻さずそのままになっていきます

4.空きスペースができれば靴以外の収納品を考えます。

◎いつも使うものが、使いやすい場所へ最優先です。すべての収納の基本です。

次回は、捨てることについて考えます。