ルイスポールセンから
新しいカタログが届きました。

日本でも人気のある
デンマークの照明器具メーカーです。

その中に『サーカディアンリズム』について
書かれています。

概日リズム・・・

光を浴びるタイミングが
生活リズムに重要な役割を果たし、
自然光照明が回復と健康に
効果があるとされています。

あなたは眠る時 真っ暗にします?
常夜灯ランプをつけていますか?

お子さんの年齢によっては
怖がるので点けていることも
必要かもしれませんね。

以前、会社で上司に当日
『本社から来た人のホテルの予約』
を時々言われました。
親しい人の来社は飲み会?
翌朝、支店に出社してから本社へ戻る
緩やかな時代でした。

急な予約は取引先のホテルでも
『窓のない部屋(地下)』になります。

次の日、
窓のない部屋に宿泊した人は
始業時間ギリギリ
『慌てて支店に来る』

この現象をたびたび目にしました。

窓がないので、自然光がない!
朝になっても気づかない。
お酒のせいで、何も考えずに
眠れる事もあるのかもしれません。

無防備の中でも安心できれば
『光が無いとよく眠れる』
実験を見ていたように思い出します。

カーテンの打ち合わせでも
お仕事の形態が 夜勤や早朝が
あるのかどうか確認し
遮光カーテンも遮光の度合いを
ご相談します。

普段の生活でも
翌朝 ゆっくりしたい時、
熟睡したい時は、
お部屋に入れる光の調整を
してみてください。

真っ暗なお部屋で、
翌朝、予定通り起きたいときには
タイマー設定で照明を点灯
できる器具もあります。

自然光照明を人工的に作る時代に
なっています!

忙しい人ほど 活用価値あり!

 

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。