光の色は好みがあります。
あなたは白い光、黄色い光
どちらがお好きでしょうか?

以前書きましたが、作業する場所は
白い光をお勧めしますが、それ以外は
お好みに合わせて提案しています。

『黄色の光は白い光に比べて
暗いのでは?』時々受ける質問です。

電球色が好きだけれど暗いのが不安に
思われてのことです。

黄色い光は くつろぎ感が強いので
イメージがあるのでしょう。

答えは『NO』です。

くつろいだ空間の中で本を読みたい、
テレビを見たい・・・
というのであれば、
電球色(黄色い光)でも
必要な照度が取れるW数や台数を
入れることで解決できます。

LEDの灯りは、電球色のランプも
あります。

暗さに迷ったらワット数の大きい
明るい方を!

器具とランプの関係を説明します。

不安な時は電球色でワット数の多い、
調光、調色タイプの器具を選ぶことを
お勧めします。

器具のワット数が大きいものを選んで
おくと、明るすぎると感じるときは、
少ないW数のランプに変えれます。

W数の小さい器具に
大きいW数のランプを付けると
故障の原因になります。
気を付けてください。

黄色い光でも 明るさがとれて
いると、暗い気持ちにはならず
前向きになれますね。

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。