予告編やTVの解説で
『大人になって森を忘れた・・・』
ぐらいの予備知識でしたが。

まずは、
ロンドンの住まい。

1944年 100エーカーの森
庭と自然がつながる住まいに

対比するように

1950年代のロンドン
住宅街でも公園がありベンチと
緑があるのは今も変わりません。

商社の中間管理職で、
寄宿舎に入る前の女の子と妻の
三人暮らしの住宅は・・・。

女の子の部屋、キッチン、寝室
いずれも柄が違いますが!
部屋の壁はやはり、
ウィリアム・モリス風!
今も人気のある柄です。

かわいい柄の前に男性が座っていても
違和感無いのはダンディさでしょうか。

霧の森は神秘的、
ロバやウサギ、トラ、ブタが歌っても
現実にありそうなぐらいリアルです。

ストーリーは社会問題も含みます。

仕事は商社の旅行カバンの部門、
20%のコストカット!

中間管理職の立場、働きすぎ、
家族との過ごし方、
現代に通じる問題です。

削減に対する役員会議での
『プレゼンテーション』

結論はネタバレになるので
伏せておきます。

LASTは、拍手したくなります。

『プレゼンテーション』。
大人が見て楽しめる理由が
ここにあります。

最初は深く考えずに入っていける
奥が深くお勧めの映画です。

 

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

第3日曜日のメルマガは映画をテーマに書いています。

 

よろしくお願いいたします。