光の色について書いています。

今回はお部屋の中で見える物の色です。

住まいを整えるご相談では
新しく何かを選ぶ時、
そのお部屋の中でどんな色に
見えるのか考えます。

特に内装材やカーテン・家具は
長年お使いいただくものなので
慎重になりますね。

『これを家に選んで大丈夫かしら?』
この不安を消すのが
私の役目でもあります。

デザインも楽しんで見て戴きますが
お部屋の中で出来上がった状態を
想像して、提案しています。
想像にも根拠があります!

ソファや椅子の張地を選ぶ時、
カーテン生地を選ぶ時、
候補を絞ったら、
生地サンプルを持って
自然光のあるところへ移動します。

ショールームによってはビルの中で
人工照明の光も多いです。

光沢のある生地はスポットライトで
輝くけれど、白い光では消えることも
あります。

逆に白い光でくっきりしていたものが
黄色い光ではそうではなくなったり。

光によって
見えていた物が消えたり
見えなかったものが見えたり!

自然光の次はお住まいと同じ
光の色の下で確認します。

この条件で美しく見えるかどうか
お好みに添うのか確認できます。

生地サンプルや木目の板サンプルも
ご自身の目で見てOKが出せるかは
光の色がとっても重要です。

もしあなたが新たにお部屋に
何かを加えるときには
『自然光、お部屋と同じ光の色の下』
それを見る光の色を気にして見てくださいね。

次回は光の色による見え方の違いを
もう少し詳しくお話します。

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。