光の色によって くつろいだり
元気が出たり!

暗い朝も照明を点けたら
お弁当作りもはかどる!

あなたも経験をお持ちでしょうか?

LEDには、調色機能を持つ照明器具も
あります。

調色機能とは1台の器具で光の色を
電球色・温白色・昼白色と変える。

わかりやすく言うと、黄色い光から
白い光へ切り替える機能です。

なぜ、できるのか
丸い円盤状の天井に付ける器具の場合
LEDは一つ一つが光る小さなツブツブ
の集まりです。
その一つ一つが違う光を出しています。
リモコンで、希望する光の色を選択
するとそれに応じたものが点灯します。

(照明メーカーのショールームで
カバーを外してもらいました)

色の違うツブが反射して映っています。

そしてそれぞれが明るさの調整ができ、
それが『調光機能』になります。
調光は明るさの調整です。

調色と調光の機能は別ですが、
調色できない器具(光の色が一定)
でも、調光はできるものはあります。

一番明るく感じるのは白い光です。
一番暗いのは黄色い光の豆球程度の
明るさです。

LEDの出現で、
時間帯や生活シーンに合わせて、
光の色を選ぶことができます。

ダウンライト(天井埋め込み)も
調色タイプがあり、リフォームや
新築の照明プランも多様化します。

あなたのお住まいの照明器具を
見直してみると生活スタイルが
変わるかもしれません。

器具の交換は10年が目安です。
近い年数でしたら考慮してみては
いかがでしょうか。

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。