災害対策:命、食料、大切なもの
次は 思い出の物です。

まさかの市街地が浸水することも
あります。

 

東海集中豪雨で2階まで浸水し
屋根裏で助かった方から伺ったお話し。

『家も古かったのであまり
大切にしていませんでした。

今度の家は[楽しい家に!』と、
ご依頼を戴いたときのことです。

『水が引いた後、片付けも
重要なものを探すのが第一。
思い出の物も泥の中、
写真に残す余裕などなかった。』

『すべてが無くなると、思い出を
思い出すものが無いのはさみしい』

このお話をお聞きしてから・・・
『思い出の物はデジタル化』推進!

特にデジタル以前の時代のものは!

USBのバックアップも複数にして、
別の場所に保管、実家や親類の家に
預けて置くのもお勧めです。

新しいものはお金で解決できますが、
心の拠り所や人とのつながりは
買えません。
写真ならより記憶を鮮明に残せます。

20年以上前の物は撮影する時間を
作ってみてはいかがでしょうか

あなたは何を写しますか?
何を残しますか?

お子さんに『これは○○よ。]
って、伝えたいものがあるのは
素敵なことですね。

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。