防災について9月は書いています。
本や雑誌には書いてないことです!

7月に横断歩道で勢いのある自転車を
避けようとして縁石にぶつけ、
足の小指を骨折・・
痛みもほとんどなくなりましたが、
パンプスのデザイン次第で痛みます。

痛みの最中は電車の遠出も
駅近ならOKのように、
出先の歩く距離で、
予定を組んでいました。

平時でこの状態なので、
災害時ならどうなる事か!

家の中の2次災害!

絶対避けたいですね。

私自身、そんな思いで指負傷中は
家の中を見直していました。

室内にオープン棚にある物を
(主に本・インテリア雑誌など)
収納の中に入れるには
何かを出さなければ入らない。
その何かが、このケース。

一昨日に書いた、ジモティの利用を
読んでくださった方に聞かれました。
『入っていたものは捨てたの?』

『捨てたものと、知人に譲ったものが
あります。』

母のウールの着物は洋服地なので、
布として知人のところへ。
もう十分近くにあったので、
母の姿と布は別と思えます。

処分したのは、以前、何かの会の
メンバーだったり、役員だったりの
書類です。書類を作るにも会議や
時間をかけたので、解散や退会後
すぐには破棄できませんでした。

どちらも『手放す』には、
心の日数が必要です。

家の中の安全確保!
まずは あなたの心の時間を
要しないものから処分してください。

そして今、処分できないものは
いつ頃まで・・・
期限の目安を決めてみたら、
心も軽くなるかもしれません。

収納のご相談でも
『保持期限』を決められるのは
『あなた自身』とお話をします。

***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。