壁+額(フレーム+ベース+POST CARD)を組み合わせて作っています。

 

[25-28]は平山郁夫『楼蘭・日』のポストカードです。(29-32は『月』です)

楼蘭の遺跡へ黙々と進んで行く様子が、厳かです。

聚楽の壁に合わせます。

永遠に続きそうな砂漠と人々の熱い思いをオレンジのマットで囲んで強めています。