庫裡とは、お寺の台所です。(転じて住職の奥さんを『おくりさん』)

大徳寺 聚光院の庫裡、禅宗最古400年前のかまどを 特別拝観で見てきました。

撮影禁止なのでパンフレットより。

写真では小さく見えますが、

実際はメインのかまどだけでも幅1m50㎝ぐらいあります。

(現在の一般的なビルトインのコンロやIHは、幅60㎝)

70人分ぐらいの料理を作っていたとの解説。

立派な厨房設備です。

 

釜の上に『火遷要慎』

使われない かまどの横に 赤い消火器が10本以上!

建物が重要文化財、国宝の襖絵もあり・・・

皆さんも 今一度 『火の用心』!

 

ステップアップリフォームのキッチンプロデュース

4月にセミナーを開催します。