IMG_20160304_175530

マナ・トレーディングで、ルベリの新作発表がありました。

Mar05&01

ルベリ社はベネチアで150年以上続く、自社でデザインから織物工場までを持つファブリックメーカーです。80ヵ国に納品され、ミラノのスカラ座やロシアのボリショイ劇場にも使われています。4つのブランドのうち、日本では ルベリ、キーファー、アルマーニカーザの3つが扱われています。 

当日戴いたパンフレット。ファッション雑誌のような美しさ。

Mar05&02

Mar05&03

今回は椅子貼りに使用できる生地もたくさんあります。

気になったものをいくつか・・・

(カーテン生地のメーカーのものには、一点づつ名前が付いていて、それぞれいろちがいがあります)

・『PIXLE』クラシックパターンをデジタル処理し拡大画像のような織り方です。

Mar05&05

これは生地サンプルを見てもどの部分なのかは不明です。最低 1リピートは使わないと何かわからない・・・

Mar05&04

・『 MAQUILLAGE』  って、資生堂の口紅? フランス語で『化粧』

ベルベットの生地でこの色使い。現物を手にすると感動です。

色違いのものもそれぞれ、深みのある色も使われていますので、かわいいけれど上品です。

Mar06&02

Mar05&06

『MELANGE』フランス語で「混合する」  混ぜることに依り、色に厚みがあります。しっかりした織で、たわみも少ないように思います。繊維の素材はトレビラCSで東レの開発したものです。今回の新作発表でも、ポリエステルのものほとんどがトレビラCSです。

Mar06&03

Mar05&07

新作の生地を手に取って見せていただきました。どの生地も織は柔らかく緻密なのに、とても柔らかいので、光が当たると光沢がとてもきれいです。カーテンとしてもドレープが綺麗に出ると思います。椅子貼りやクッションに使用する場合は、無意識のうちに手で触りますので、手触りの良さは代えがたいものです。良い意味で、それなりの物はそれなりの価格がしています。住宅では、コントラクトのように大量に使わなくても、上質なものがあると、生活の意識も変わるように思います。

良いものを提案していくのも仕事の内・・・です。