年明け、すでに活動していても
お仕事の対外的なスタートは
今日からという方が多いのでは?


お客様とお話ししていたら
技術職のご主人、
生産系の企業は今日のところも。

仕事始めもそれぞれですが、

地域によって考え方が違うのは

・松の内はいつまで?
・注連縄はいつまで?


住宅の仕事をしていると地域差が
あることをつくづく感じます。


名古屋は一般的に7日までが松の内
注連縄も7日まで、
鏡餅も7日までです。


建築に関わる仕事をしていると
注連縄飾りの扱いも千差万別


小正月の15日までのところも。


伊勢方面の注連縄は1年中玄関戸に。
縄の部分に
『蘇民将来子孫家之門』とあります。




夏に完成したお宅も表札と同時に
注連縄を付けられました。


愛知県内でも伊勢出身のお宅は
同様にされています。

注連縄は邪気が入らないためのもの
年間あっても不思議はありませんが、
初めてみた時は驚きました。

神様のTOP(天照大御神)が
いらっしゃる地域だからでしょうか。

お尋ねしても『昔から』のお答えです。


実家に合わせる?近所に合わせる?

あなたはいつまで飾っていますか?


注連縄の存在は玄関もあらたまります。
ビジュアル効果もありますね。


室内も飾ることで気分が変わります。
笑顔の源になります。

あなたのお住まい、何か飾りませんか?
お部屋の中の飾るベストポジション
どこでしょうか?

見つかったら教えてください。

  ***************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。