防犯対策の一つ、カーテンについて!

窃盗団などは下見もしています。
生活パターンを見られない方法!

通常のカーテンの2重掛けのお話です。
一般的な、ドレープとレースのことです。

通りから敷地の中に遮るものがないと、
リビングやダイニングの窓で外から
家の中が見えることがあります。

特に夜は室内の方が明るいので
家の中の人の動きもわかりやすくなります。

多くの方は日が沈んだら厚手のカーテンを閉められますが、
生活スタイルによって閉めるタイミングはそれぞれです。
あなたはいつ閉めますか?

外から見られることを少しでも防ぐ方法は?

照明を点けたらカーテンを閉めるのが理想です。

カーテンを閉めるとき
レースもきちんと閉じると、
厚手のカーテンとの間に空間ができ、
外からは見えにくくなります。

もし、次にカーテンを選ぶ時は、夜間の生活スタイルと合わせて生地を選びます。
織の細かい物が透けにくいです。
ナチュラルテイストも人気がありますが、麻でも密度のある物をお勧めします。
薄い生地で透け感のあるものも緻密な織物は、意外に遠目には透けにくくなります。

カーテンも生地を選ぶ時に色・柄とともに
織にも注意して提案しています。

リビングに遮光カーテンを望まれる方もありますが、夕暮れ時も早々に閉めたら真っ暗な状態になりますので、特殊な事情を除いて、あまりお勧めしていません。

一度外から見てください。
庭に鉢植えを置いて視線を遮るのも方法です。
外からの見え方も要注意です!

*******************

『家事がはかどる便利』と『住まいの美』の
バランスを提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガで こだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。