壁+額(フレーム+ベース+POST CARD)を組み合わせて作っています。

 

[25-28]は平山郁夫『楼蘭・日』のポストカードです。(29-32は『月』です)

楼蘭の遺跡へ黙々と進んで行く様子が、厳かです。

 

縦に動きのある壁の柄は濃い色のマットを使うと、隊商の横の動きが活き活きしてきます。