我が住まい。夏過ぎから大規模修繕が始まります。

作業をする人から 室内が見えることも気になります。

光は入れたいけれど 紫外線は拒否したい・・・

ロールスクリーンを付けてドレープとレースの3重掛けにします。

自分で取り付けに挑戦。施主の住まいではできない・・・

工事現場でカーテン業者さんの取り付けを目にしているので、手順は、わかっています。

オーダーしたものが、届きました。幅1m70㎝:長さ1m80㎝。

 1

取り付け金具のブラケットを取り付けます。幅が広いので、3か所です。

2(1つ付け、写真、写真)

矩定規を当てて、ズレないように気を付けて・・・

電動ドライバーを使いたいところですが、真下からの取り付けは、勢いよく歪むと補正が大変なので ここはプラスのドライバーでゆっくり。

3

 このブラケットに本体を『バキッ』という音がするように嵌めます。

5

お客様にいつも説明している、チェーンや巻ズレ、生地の外し方など、自問自答。

取り付けそのものは簡単ですが、 椅子に載ったり降りたりで、30分ぐらいで完了です。

中から外は見えますが、外からは見えにくい生地でUVカットです。

4

プロなら、ビス6個、1台全部で10分もかからないでしょう。

あらためて仕事をしていただいている業者さんに敬服。

ロールスクリーンもオーダーする時には、生地や操作方法の選び方が色々あります。

こだわりたい方、ご相談承ります。