余震の中お過ごしの方、
そのお身内の方
お見舞い申し上げます。

北海道の地震のニュースで
全国的に防災グッズが売れている。

私も今、教訓として受け止めて
あなたにお伝えできることがあれば
との思いで、書いています。

いつどこで遭遇しても不思議ではない!

札幌の方のインタビューを見て、
不安と不便が『お気の毒』と
一言では言えません。

早く通常の生活に戻っていただきたいと
願うばかりです。

揺れる中でガラスが割れて飛ぶと、
ナイフより切れます。

家の中の散乱で
一番厄介なのは 粉々の『ガラス』!

(古いガラスは粉になりやすい)

散らばったものの中に破片や粉が
混じると、片付けにもケガの心配!

 

大切なものを取り出そうにも
破片が邪魔をして、時間が掛かります!

家の中で『ガラス』の場所


ドア
食器棚・書棚

 

事前の対処の方法として、

・外せないガラスは『飛散防止フィルム』
を貼ります。

ガラスが割れても飛び散らない!

大きなサッシはつなぎ目を
目立たせないようにするには
業者さんに頼んだ方が良いですが、
小さなものでしたら自分で貼れます。

 

・額など、ガラスをはずせるものは
アクリルに変えます。

アクリル板も割れますが粉には
なりにくいです。

アクリル板も厚みが色々あります。

ガラスと同じ厚みにするには
画材屋さんや額を扱うお店で
ガラスと同じサイズにカットできます。
ホームセンターやハンズでもできます。

薄いアクリルを買って自分でカット、
ガラスの厚みとの差は裏側を厚紙で
調整することも可能です。

アマゾンやモノタロウで
取り寄せもできます。

 

飛散防止フィルムは 透明、目隠し調
があります。自分で貼るなら 貼って
剥がせるタイプをお勧めします。

額用のアクリル板はもちろん『透明』です。

 

災害に遭遇した時に被害と手間を最小に
するのも 大切な備えです!です。

インテリアの仕事で額装の相談を
受けるときは地震に備えて
アクリル板をお勧めしています。

 

*******************

『家事がはかどる便利』と
『住まいの美』のバランスを
提案するインテリアレシピ

インテリアコーディネーターの
坂野民枝です。

あなたの お住まいを[快適]へ!
メルマガでこだわりの情報をお伝えします。

登録はこちらからお願いいたします。
https://www.agentmail.jp/form/ht/8754/1/

よろしくお願いいたします。