生花ではありません。

そして生徒です。

 

NIC(名古屋インテリアコーディネーターズクラブ)の研修で加藤由美子氏の講師で、アーティフィシャルフラワーを製作。

どこから見ても正面になるようにメインのお花から入れていきます。

固いスポンジに挿しています。アレンジ用は吸水させるので柔らかいのですが、造花用は固いです。

入れる順序と大体の場所を教えてもらいますが、完成品はそれぞれの個性です。

1本を切り分け短い部分はワイヤーを足す。これは生花ではできない事。

ワイヤーの巻き方にもコツがあります。

『ちょっとしたコツ』はどの分野にもありますね。

 

ヤマギワのショールームでしたので、

黒いソファ・ライテイングはペンダントの真下で写してみました。