個別相談会:詳細と お申し込み方法はこちらから]

https://www.agentmail.jp/form/ht/14771/2/

 

インテリアや収納の本に書いてあることと
インテリアコーディネーターの
坂野さんのお話は 
なにがちがうのでしょうか?

それは!

あなたとあなたのお住まいに合わせた
解決用法を見つけます!

色々ありますが具体的に方法を3つ挙げます。

 

 

 

 

①使い勝手や再配置を考える時、 コンセントの位置もポイントです。
 時には電気図を見せていただく事も!
充電から電子レンジまで色々、置き場所・使う場所を再検討します!

 

②一か所に混在できるあなたの 生理的にOKな物の範囲を考えます。
 (ハンカチと靴下など、棚を分ける、仕切りを入れる、仕切らない)

 

③毎日の生活を快適にするため、日常使う物から優先し、使っていないものは 他の物の利用を考えます。

 わかりやすい例では
『使い捨ての雑巾代わりにしてもいい
Tシャツかタオル、シーツはありますか?』

  このようにお聞きすると、ほぼ、何かは出てきます。

 『古くてもこれは雑巾にできない』 この意思表示は保存BOXへ!
 思い出グッズと日常品の混載は避けます!

 

日々の生活をまず優先し、残りのスペースに思い出を詰めます。
そのスペースに
入らなかったものが不用品か検討しましょう。

 

①は すでにある条件です。
②は ご本人の条件です。
③は 活用・保存の方向性です。

 

これらに合わせて、生活動線を見直し、物の再配置を検討しましょう。

なんとなく置いたり掛けたりの物も、視線を考えて、意味のある飾り方を提案しています。

 

個別相談会:詳細と お申し込み方法はこちらから]

https://www.agentmail.jp/form/ht/14771/2/